《自分自身は見えない?》

d0249579_18183395.jpg

大阪にお住いの精神科医「片田 珠美女史」著

≪他人を攻撃せずにはいられない人
職場や家族、友人の中に潜む『害になる人』の精神構造≫

怖い題名の本が ジージの目に止まりました


精神科医として 臨床に携わり 経験に基づき
犯罪心理や 心の病の構造を分析しています

他人を攻撃せずにはいられない人のターゲットにされ
痛い目に遇っている方の話をうかがう機会が多い精神科医 


攻撃欲の強い人というのは
暴力をふるったり 面と向かって暴言を吐いたり
怒りや 敵意をむき出しにする人ばかりではなく
中には こそこそと陰湿に相手を痛めつけることで
自らの攻撃欲を満たそうとする人もいるとの分析

このような人は 非常に自己愛が強く
自己愛が強いから 自分が絶対に正しいと信じ込んでいる!

「自己愛」っていうのは 我々の目に似ていて
『何でも見えるが 自分自身だけは見えない!』・・・・


何を言ってるんだか ジージにも分からなくなってきました

興味のある方は 本屋で買ってきて 読んでチョ!!!


[PR]
by shonanzz | 2014-11-28 21:17
<< 《箱根・彫刻の森美術館にて》 《街〇樹にて》 >>