《理解不能!》

                        黒田夏子さん(ネットから拝借しました
d0249579_1324416.jpg

芥川賞の受賞者が決まったそうですね

黒田夏子さんと仰る方で

史上最高齢 75歳での受賞だそうです

先ずはおめでとうございます

受賞作「abさんご」が初めての作家デビューだそうです

全文横書きで 文章にはひらがなを多用し

カタカナ かぎかっこは使わず

登場人物の名前などの固有名詞や性別を明らかにしない等々・・・

特徴ある作風だそうです


さて ここからが本題です

18日のY新聞の「編集手帳」で ジージの言いたかった事が書かれていたので

ご紹介します


『読みやすい作品とは お世辞にも言えない。
 二度読み始めて 二度とも2~3ページ読んで降参した。

 この処 小説に限らず 歌手でもタレントでも 
 世間の皆が「良い」と褒めるのに
 自分だけは その良さがチンプンカンプンのまま・・・・
 置いてけぼりにされがちなわが身である。』・・・と

『既成の価値観にとらわれない新しい才能が生まれている証???

   嬉しとぞ思ふ。 悲しぞと思ふ。』・・・・と結んでました


最近 何が何だか 全く理解し難い名前のタレントがTV画面に・・

「きゃりー ぴゃみゅぴゃ△ゅ」 とか 「つ▼く♂」とか「シャ乱Q」とか・・


ジージの言いたいことを代弁してくれました

  ありがとさ~~~ん !!

[PR]
by shonanzz | 2013-01-21 06:13
<< 《藁は お米の親じゃもの!》 《天津甘栗》 >>