《大仏次郎邸》

d0249579_150533.jpg
d0249579_1502110.jpg
d0249579_1503621.jpg

      鑑定団に出したらウン十万円のお茶碗で抹茶を!?
d0249579_1505094.jpg

 お座敷
d0249579_151941.jpg

        無類の猫好きで 猫の蚊取り線香立て
d0249579_1512529.jpg

「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの著作で知られる

作家 大仏次郎氏

「大仏次郎茶亭」が春・秋に二度だけの一般公開

チャリンキングしてまいりました


横浜市に生まれ 大正10年に鎌倉市に住み

昭和27年にこの茶亭を購入された由

彼の自宅はこの茶亭の 小路を隔てた斜め前にあり

ここは書斎として使いながら

文士仲間との交流の場として活用されたとの説明です

庭にはしだれ桜、染井吉野桜、山桜など

茶亭内には 彼の直筆の原稿や万年筆 眼鏡などが展示されています

現在 姪御さん(養女 本名:野尻)がお住まいになっている為

一般公開は 年二回だけだそうです


亭内の桜を愛でながら 女子高校生たちから お菓子と抹茶を頂き

お暇して参りました


西の方かの 「ジージには似合わねぇ~!」の声を無視して!!

[PR]
by shonanzz | 2012-04-10 05:00
<< 《旧 華頂宮邸》 《鎌倉まつり》 >>